スタイリオの品質 STYLIO QUALITY

スタイリオトップページ > スタイリオの品質

遮音・断熱への取り組み

騒音調査に基づく遮音設計

上質な時間をお届けするために、スタイリオでは外部環境の騒音調査に基づき、必要に応じてT1、T2、T3、T4等級など遮音性の高い防音サッシを使用しております。

二重床構造

スタイリオでは、床スラブ厚を約200mm以上確保した二重床構造としています(一部除く)。フローリングには軽量衝撃音の遮音等級LL‐45相当※の製品を採用。また、床スラブとフローリングの間に防振ゴムを入れ、遮音性に配慮しています。
※メーカー表示であり、実際の建物での測定値ではありません

戸境壁構造

隣戸からの生活音に配慮し、戸境壁がコンクリートの場合は約180mm以上の厚さを確保しています。また、戸境壁がボード貼りの場合は、二重貼りにしています。

各部位ごとに断熱材を使用

スタイリオでは、外部に接する壁厚を約150mm以上とし、その内部の必要箇所に断熱材を吹き付けることで断熱性を向上させています。さらに、「ヒートブリッジ」現象(界壁などで断熱仕様が途切れた箇所から外部の冷気を室内に伝えてしまう現象)を抑えるための折り返し断熱も実施し(一部箇所を除く)、空調の省エネ効果を高めるとともに結露の発生を抑制しています。

屋上の外断熱

屋上には外部側へ断熱材を敷き、太陽の日射による最上階住戸の温度上昇を抑制しています。

結露対策

ガラスとガラスの間の空気層が熱の伝導を抑え、1枚ガラスに比べて断熱性能が高い複層ガラスを採用しています。(一部ガラスを除く。)室内カビの原因になる結露の発生を軽減します。

※掲載の写真・概念図は全て参考となります
※本内容は、物件により一部仕様が異なる場合があります

セキュリティへの取り組み | 遮音・断熱への取り組み | 耐震性・耐久性への取り組み | 室内空間・共用部分への取り組み | 品質管理・安全管理への取り組み