スタイリオの品質 STYLIO QUALITY

スタイリオトップページ > スタイリオの品質

耐震性・耐久性への取り組み

安心の住まいをお届けするための地歴調査と地盤調査

安心・安全な暮らしをお届けするために、スタイリオでは土地の地歴調査を必ず実施し、土壌汚染の心配がないかどうかを確認したうえで施工しております。また、設計前にはボーリング調査を実施し、建築場所の地盤性状に適した建物の基礎を選定します。例えば、「杭基礎工法」では、十分な厚さのある強固な支持層を確認し、支持層の深さに応じて杭の長さを決定しています。

強度24N/mm2コンクリートを使用

コンクリートの耐久年数は、強度が高いほど長くなります。スタイリオでは、構造強度と耐久性に配慮して、主要構造部には設計基準強度24N/m㎡のコンクリートを使用しています。

ダブル配筋を採用

外壁や床には、鉄筋を二重に組んだダブル配筋を採用(一部除く)。構造躯体に粘り強さを生み出し、耐震性を高めています。また、床・壁厚が増すため、ひび割れも起きにくく耐久性も高めています。

コンクリートかぶり厚

鉄筋コンクリートの壁や柱において、一番外側にある鉄筋からコンクリート表面までの厚さをかぶり厚といいます。鉄筋は、一度錆びると膨張してコンクリートにひび割れが発生し、耐久年数が低下します。スタイリオではコンクリートかぶり厚を建築基準法の基準値より10mm厚くし、耐久性を高めています。

※掲載の写真・概念図は全て参考となります
※本内容は、物件により一部仕様が異なる場合があります

セキュリティへの取り組み | 遮音・断熱への取り組み | 耐震性・耐久性への取り組み | 室内空間・共用部分への取り組み | 品質管理・安全管理への取り組み