Motosumiyoshi ART FLATS

芸術を愛する人へ。
芸術とともに暮らせる様々な空間づくり

芸術とともに暮らせる集合住宅

建築家・吉田勝(PAO設計)

「TOP-PRIDE」には特化したテーマをポジティブにとらえてもらえるメリットがあると思います。「元住吉プロジェクト」の場合は「芸術」。芸術を志向する若者に対して提案できる生活の場はどのような空間であるのかをテーマにしました。具体的にはさまざまな芸術分野に対応できることと、光の変化を楽しめる空間づくりを心がけましたね。

その結果、ひとつの集合住宅でありながら住戸プランは豊富になりました。アトリエと生活部に分けられるワンルーム、建物の中心部に面する建築的な楽しさがあるワンルーム、防音室を地下に持つメゾネットなどを用意。生活のそばで芸術にふれることができると思います。一応、テーマとしては「若者」を意識しましたが、芸術に思い入れのある方ならば、世代を問わずお住まいいただけると自負しています。

「芸術」がコンセプトではありますが、もちろん周辺環境との調和を考え、建物の高さは10m以下に抑えて圧迫感を避けるなど住まいそのものの美しさには配慮しています。芸術とともに豊かな暮らしをしたいという方に住んでほしいですね。